お問い合わせフォームの作り方 2/2

 < お問い合わせフォームの作り方1/2へ

STEP4.キャンペーンフローの設定

STEP3で設定したアンケート項目はSTEP2のリード基本項目とは違い、設定しただけではお問い合わせフォームに表示されません。
表示させるためにキャンペーンフローの設定をしてキャンペーンとアンケートを紐付けましょう。

個別キャンペーンモード【キャンペーン】タブ【フロー】メニュー
  1. 「キャンペーン申し込み([ユーザー情報/アンケート])」の「割当」をクリックします。
  2. フロー設定は以下の通りに設定しましょう。
    項目名 設定値
    カート(選択内容確認)画面 使用しない
    キャンペーン/サブキャンペーン複数人申込 使用しない
    キャンペーンコード オプション
    ログイン状態での申込 可能
    ログイン状態での申込時の基本項目+アンケート入力画面 エラー発生時は入力させる
    アンケートの回答方法 常に新規
    追加申込時の選択内容復元方法 常に新規申込み(復元なし)
    追加申込時の請求金額の変更許可 増加のみ可
    合計ゼロ円の場合の支払い方法/請求先 入力させない
  3. デフォルトで設定されている「キャンペーン申し込み([ユーザー情報])」の割当を「削除」します。
    ワンポイント!
    フローが複数割り当てられていると、告知画面に申込ボタンが複数表示されてしまいます!
個別キャンペーンモード【キャンペーン】タブ【一覧】メニュー
  1. フロー一覧のアンケート「登録」をクリックします。

  2. テンプレートの「選択」をクリックします。
  3. テンプレート選択用ポップアップから、作成した「お問い合わせ用アンケート」を選択しましょう。
  4. 以下の通りに設定してみましょう。設定が終わったら「登録」ボタンをクリックします。
    アンケート名 お問い合わせ
    状態 公開

    これでキャンペーンとアンケートの紐付けが完了しました。

STEP5.自動返信メールの設定

SMPではキャンペーンの申込をトリガーにした、自動返信メールを簡単に作成することができます。
今回のお申し込みフォームでは担当者への通知用メールとリード用サンクスメールとして活用しようと思います。

個別キャンペーンモード【メール】タブ【メール設定】メニュー
  1. 「申込完了時(キャンペーン担当者宛)」と「申込完了時(リード宛)」のメールをONにします。
  2. 「編集」ボタンをクリックして以下の設定を参考に設定してみましょう。
    ワンポイント!
    本文内の[% VisitorData.company_name %](リード情報-名前:姓)など、差し込み項目から選択して挿入することでリードデータやキャンペーン情報を動的に表示させることができます!

    リード宛 

    テキスト形式/HTML形式 テキスト形式
    送信者E-mailアドレス 自分のアドレス
    送信者名 自社名
    タイトル お問い合わせありがとうございます。
    本文 [% VisitorData.company_name %]
    [% VisitorData.name1 %]様この度は、お問い合わせいただき誠にありがとうございました。
    テクバン株式会社です。内容を確認させていただき、ご連絡させていただきますので、
    よろしくお願い致します。◇プライバシーマーク制度認定
    情報セキュリティマネジメントISO27001認証取得—————————————————————————————–
    [% Seminar.reference_name %](←お問い合わせ先名)
    [% Seminar.reference_person_in_charge %](←お問い合わせ先担当者名)
    [% Seminar.reference_address %](←お問い合わせ先住所)
    [% Seminar.reference_tel %](←お問い合わせ先電話番号)
    [% Seminar.reference_email %](←お問い合わせ先メールアドレス)
    [% Seminar.reference_note %](←お問い合わせ先備考)
    —————————————————————————————–

    キャンペーン担当者宛

    テキスト形式/HTML形式 テキスト形式
    送信者E-mailアドレス 自分のアドレス
    送信者名 自社名
    タイトル 【お問い合わせ】
    本文 お問い合わせがありました。詳細は下記です。 

     

     

    ■お問い合わせをされた方
    会社名:[% VisitorData.company_name %]
    部署:[% VisitorData.division %]
    電話番号:[% VisitorData.tel %]
    お問い合わせカテゴリ:[% Enquete.attribute○○%]

    ■お問い合わせ内容
    [% Enquete.attribute○○%]

    ■お問い合わせ者詳細情報URL
    [% Domain.url%]/public/admin/login?page=auth&return_path=/visitordata/view/[% VisitorData.id %]

    ワンポイント!
    お問い合わせ内容など自分で作成した項目はattribute001など、作成された順番で自動的に割り振られていきます。
    差し込み項目から選択して挿入しましょう!

  3. メールの編集が完了したらキャンペーンの担当者登録をしましょう。
    担当者登録をしないとお問い合わせ通知メールが送信されません。
個別キャンペーンモード【キャンペーン】タブ【一覧】メニュー
  1. 担当者一覧エリアの「追加」ボタンをクリックします。
  2. ポップアップした担当者選択ボックスから「選択」ボタンをクリックします。
  3. 該当担当者の「選択」ボタンをクリックします。
    ワンポイント!
    担当者一覧には現在登録されている管理者が表示されます。キャンペーン担当者を別途追加する場合は、新規管理者の登録をしましょう!

STEP6.Web確認

STEP1~STEP5まで設定してきた内容を確認して、修正点がないかチェックしましょう。

個別キャンペーンモード【キャンペーン】タブ【一覧】メニュー
  1. 「編集」ボタンをクリックします。
  2. 状態を公開にして「登録」ボタンをクリックします。
  3. 来場者詳細WEBページ(代理登録利用可)をクリックして、お問い合わせフォームを開きましょう。
  4. お問い合わせフォームを開いたら、現在ログインしているSMPからログアウトします。
    ログアウトしないと必須項目や自動返信メールの確認ができません。
  5. お問い合わせフォームを更新すると必須マークが項目の右横に表示されるので、実際に申し込んでみましょう。
    更新しても必須マークが表示されなかった場合、別ブラウザで開きなおしてみましょう。
  6. フォームのリード基本項目や自動返信メールの差込項目が設定どおりに表示されているか確認しましょう。

STEP7.お問合せの確認方法

実際にお問い合わせが来た時の担当者のフローを紹介します。
お問い合わせが来ると、STEP5で設定した担当者への通知メールがとんできます。
メール内のお問い合わせ者詳細情報URLからアンケート履歴を確認して、すばやくアクションをとりましょう!

個別キャンペーンモード【リード】タブ-対象リードの【詳細】
-アンケート履歴【詳細】

 < お問い合わせフォームの作り方1/2へ