“「登録解除のリスト」ヘッダー”って、何?


こんにちは。Oracle Marketing Cloud (eloqua) 特集 編集部です。

弊社では、「Eloquaを導入しているけどうまく運用できない!」「人手が足りなくてコンテンツが作れない…」などのお悩みを解決すべく、Eloquaの有資格者によるサポートサービスを実施しています。

サポートサービスのお問い合わせはこちら

その中で、必ずといっていいほどお客様よりいただくのが、タイトルのこれ。『キャンペーンのメール設定にある”「登録解除のリスト」ヘッダー”って何?』というご質問です。

もちろん聡明な皆様は、チェックを付け外ししてメールを送信するなどしてお試しいただいたことでしょう。しかし、何の変化も見つけられなかったのではないでしょうか?
見つけていたらこのページを読むこともないですからね。

ヘッダーにも「登録解除」リンクを

前置きはこれまでにして、さっそく答えに移りましょう。
Gmailをはじめとする一部のメールソフトには、望まないメルマガの配信をシステム的に止めるための「登録解除」リンクをヘッダーに表示させる機能があります。

EloquaのEメール・ステップでは、こちらの表示/非表示が制御できるんですね。完全に受信者のメールソフトに依存する機能なので、この機能がなければ特に何も表示されないというわけです。

ちなみにこのリンクがクリックされると、Eloqua側でもきちんと「グローバルに登録解除」の処理がされますので、「メーリングリストの登録解除をクリックしたのにまだメールが来る!」なんてことは無いようになっています。

メリットとデメリット

ここまでで、配信解除ヘッダーが何かということはご理解いただけたかと思います。では、この機能はとりあえず付けておいたほうがよいのでしょうか?

私は「用途によって使い分ける」ことをおすすめします。

もちろん、この機能を使うことによるメリットはあります。
例えば送信したEメールが、顧客によって「迷惑メール」として報告されてしまうと、Eメールの信頼性の低下に繋がり、メール到達率に多大な影響が出る可能性があります。

そこでこのリンク機能を有効化にし、メールが不要な顧客に「迷惑メール」でなく「登録解除」をしてもらうことで、Eメール全体の信頼性を守る効果があります。

しかし先述した通り、このリンクが付くか否かはメールソフトに依存してしまうため、確実な方法ではございません。
更に、このリンクをクリックするとEloqua側で「グローバルに登録解除」がされてしまいます。
グローバルに登録解除をされてしまうと、例えば「製品のお知らせ」や「定期メール配信」、果ては「重要なお知らせ」など、Eloquaから送信される全てのメールがコンタクトに届かなくなってしまいます。

Eloquaには、この機能を使わなくてもヘッダーフッターや本文中に、自由に「グローバルに登録解除」や「Eメール・グループからの登録解除」リンクを挿入する機能がありますので、 登録解除をEメール・グループで管理している方はこの機能を使わず自分でリンクを追加することをおすすめします。

補足

この機能のデフォルト値は、Eloquaにログインし、 [アセット] > [Eメール設定] > [Eメールのデフォルト]にアクセスした先の、下図チェックボックスのオンオフで設定できます。
よりよく使うほうをデフォルトとして設定いただくことをおすすめします。

まとめ

  • “「登録解除のリスト」ヘッダー”とは、メールソフトにより自動で登録解除リンクを生成する機能のこと
  • 登録解除リンクをクリックするとEloquaでも「グローバルに登録解除」が行われる
  • Eメール・グループでの配信登録/解除を管理している方は、この機能をOFFにすることを推奨する

いかがでしたか?
メリットデメリットはありますが、チェック一つで配信停止リンクを付けられる便利さは良いものだと思います。
貴社の運用にあわせ、ぜひこの機能を活用してみてください!

※”Gmailで実験したのに表示されない!”
 そんな方は、貴社Eloquaの「あるもの」が関係しているかも?
 詳細は次回更新でお伝えします!
 →「登録解除のリスト」ヘッダーが表示されない?