アクセスポイント1台でどこまで電波が届く?

 

こんにちは。バンブロ!Wi-Fi編集部のトミーです。

皆さんの家庭や職場にアクセスポイント(無線LANルーター)はいくつありますか?

部屋ごとに1台だったり、フロアごとにそれぞれ1台ずつだったり、
広い部屋には数台設置してあったりするかもしれません。

でも、そもそもアクセスポイントの電波って1台でどこまで届くのでしょうか?

たくさん設置すると電波干渉が発生したりするのは、以前の記事でも書きましたが、
それじゃあ1台で部屋全体をカバー出来るのか、どのくらいの広さまで対応しているのか、ちょっと調べてみました。

 

通信可能範囲

 

アクセスポイント1台につき、どこのメーカーも

屋内だとだいたい半径50m100m
屋外だと半径100m250m前後

までが通信可能範囲でした。

 

なかには500mまで届くものもあるとか。
500mって。逆にそこまで飛ばさんでもと思うレベルですが。

 

ただし、これはすべて見通しの良い場所、つまり親機(アクセスポイント)と
子機(スマホ、PC等)の間に障害物がなかったらの話。
(障害物については後述します)

 

また、親機(アクセスポイント)から遠ければ遠いほど
電波は弱くなりますので、当然通信速度も遅くなります。

 

単純に「アクセスポイントがよく見える位置が繋がる」というわけですね。

 

障害物と電波の特性について

 

そもそも電波はどうやって伝わるかについて。

 

懐中電灯の光は鉄筋コンクリートの壁は通さないですが、
窓ガラスやカーテン、障子は通しますよね。

 

電波も同じで、障害物によって電波を通したり、通さなかったりします。

 

材質にもよりますが、電波は、木製や紙製、ガラスなどは透過し、
鉄筋コンクリートや金属は反射すると言われています。

 

また、電波は音と同じように、建物などに沿って回り込んで届く(回折と言います)
こともあり、必ずしも間に障害物があるから電波は届かないという訳ではありません。

 

さらに、以前の記事で、電波の周波数によっても障害物を透過しやすいものと、
そうでないものがあると書いたように、障害物があってもあまり影響のない電波もあります。

 

電波の特性を知っていると、アクセスポイントを室内のどこに設置するのが
一番効率が良いのか、考える際の参考になるかと思いますので、ぜひ覚えておいてください。

 

アクセスポイント1台で子機何台まで利用できる?

 

アクセスポイントの通信範囲が比較的長距離まであるのが分かったところで、
オフィスのような壁やパーテーションもない広ーい部屋に、パソコンがいくつもあったと
したら、何台まで接続できるのか。これもちょっと調べてみました。

 

結果、メーカーによりますが、
家庭用のアクセスポイントだとだいたい端末1015台、
法人用だと端末20250
という感じでした。

 

あくまで最大接続可能数です。

接続はできるけど、台数が多ければ多いほど
全体の通信速度に影響が出るので注意が必要です。

 

利用する環境や端末、通信データ量によるので、
電波状況を確認して、適正な台数を揃えることをおすすめします。

 

まとめ

アクセスポイントの通信可能範囲が大きくても、障害物や子機までの距離によって、
結果的に電波が受信されにくい場合があるので、木造の家と鉄筋コンクリートの家でも
電波の伝わり方はだいぶ変わります。

1階は有線LANで2階は無線LANでそれぞれ使いわけるなど、 電波が伝わりやすく、
より使いやすいように工夫してみてください。

 

>>テクバンの無線LAN導入支援サービスはこちら

>>テクバンのクラウド型 Wi-Fi サービス “Techvan Cloud Wireless”はこちら

Follow me!