クラウド型Wi-Fiって何?普通のWi-Fiとどう違うの?

こんにちは。バンブロ!Wi-Fi編集部のまるです。

数年前からIT界隈で注目されてる「クラウド」というキーワード。
皆さんも一度は聞いたことがあるかと思います。

Wi-Fiにも最近では「クラウド型Wi-Fi」なんてものがありますが、
これは別に最先端っぽい雰囲気を出すために
格好つけて呼んでいるわけではありませんよ(そりゃな)

じゃあ通常のWi-Fiといったい何が違うのか?
そもそもクラウドとはいったい何なのか?

本日はその実態に迫りたいと思います(レポーター調)

クラウドとは

 

クラウドとは、クラウドコンピューティングの略で、パソコンやスマホからインターネットを通じてデータやソフトウェアを利用することができる仕組みのことを言います。また、この仕組みを利用したサービスをクラウドサービスと呼んでいます。

これまでパソコンのハードディスクに保存していた膨大な量のデータを、クラウドと呼ばれるネットワーク経由のサーバー上に保存することで、パソコンの容量や負荷を軽減したりすることができるわけです。

 

・・・うーん、イマイチわかりずらいですかね。

 

例えば、皆さまご存知の「Excel」や「Outlook」のようなアプリケーションは、まず自身のパソコンにインストールしてからでなければ利用することはできません。

また、インストールした後、作成したExcelの資料やOutlookのメールのログなどは自身のパソコンに全て保存されていきます。

 

一方、「Excel」や「Outlook」のクラウド版と言われる「Excel Online」「Outlook.com」は、アプリケーションをインストールしなくても、インターネット環境さえあれば、アカウント(無料)に登録するだけで誰でも利用が可能です。保存先はクラウド上になります。

クラウド版だと利用できる機能は一部制限されますが、「会社で作成したExcelを家でも更新したい!」「PCのメールをスマホでも確認したい!」という場合は、インターネット環境さえあれば、どこでも、どの端末でも利用できるのでとっても便利です。

ただ、最近のMicrosoft Office製品は、「Outlook」と「Outlook.com」とで同期ができるようになっていたりするので、アプリケーションでもクラウド版と同じように使えたりします。

 

あ、いつの間にかMicrosoft製品の話になってしまいました・・・。

あとはGmailやYahoo!メールなどのWebメールもクラウドサービスになりますので、皆さん気づかぬうちに意外とクラウドサービスを利用しているのではないでしょうか。

クラウドサービスは気軽に利用できる一方、データがどこに保存されているのか雲の向こうのように自分では分からないので、セキュリティへの懸念もあります。

データバックアップや暗号化通信など、サービスを提供する側でも色々な対策が施されているようですが、大事なデータは自身でバックアップをとっておくなどの自己防衛は必要かもしれません。

まずは、セキュリティ対策が確かな、信頼できるクラウドサービスを選ぶことが大切です。

クラウドの反対

企業でもあちこちでクラウドサービスが利用されています。

 

顧客管理システムで人気の「Salesforce」や、『早く言ってよ~』のCMでおなじみ名刺管理サービス「Sansan」など、皆さんが日々業務で扱うシステムにクラウドが使われいることも多いかと思います。

 

それでは逆に、自社で構築・運用・管理しているシステムなど、クラウドじゃない仕組みのことはなんて言うのか。皆さん気になりますよね?

 

・・・・・・・・・。

 

気になりますよね?(押し付け)

 

もともとクラウドが登場するまでは、自社内でシステムを運用する形態は広く一般的だったので名前もなにもなかったのですが、クラウドが普及するにつれて、違いを明確化するために、それらを

「オンプレミス」

と呼ぶようになりました。

 

自社のサーバーで運用する「オンプレミス」と、外部のサーバーで運用する「クラウド」は
たびたび比較され、新システムを導入する際のポイントとして重要視されたりします。

クラウド型Wi-Fiとは

では、Wi-Fiのクラウド版とはどういうことなのでしょうか。

 

そもそも無線LANには大きく分けて「自律型」「集中管理型」「クラウド型」の3つのタイプがあります。

①自律型(オンプレミス)

  • アクセスポイントをそれぞれ設定し、電波状況なども個別で管理する必要がある。
  • 大規模な環境では管理・制御が困難。
  • 初期投資が少ない。

②集中管理型(オンプレミス)

  • コントローラを設置することで、アクセスポイントを一括設定することが可能。
  • 電波状況も一元管理することができる。
  • 初期投資がかかる。

③クラウド型

  • コントローラは不要でインターネット環境さえあればクラウド上でアクセスポイントを一括設定することが可能。
  • 電波状況も一元管理することができる。
  • 初期投資が少ない。

集中管理型と比較するとクラウド型は、コントローラを用意しなくても、複数のアクセスポイントを一括管理できるといった感じです。

コントローラは高コストな上、アクセスポイントが想定の台数を超えると、パフォーマンスを制御したり、場合によっては買い換えが必要な場合もあります。

クラウドは台数に左右されることはなく、低コストで即利用が開始できます。

ただ、クラウド型は初期投資は少ないですが、長期間利用することでランニングコストが集中管理型以上にかかることもありますので、導入の際は、初期費用とランニングコストを合わせた全体のコストでよく比較検討した方が良いかもしれません。

Wi-Fi管理もアウトソーシング

クラウド型Wi-Fiは、アクセスポイントを設置するだけで始められる手軽さから、全国に多店舗展開しているお店やホテル、Wi-Fiに詳しいIT管理者がいない学校や病院など様々な場所で導入が増えています。

各拠点にアクセスポイントのみ設置し、設定や管理、障害が起きた際のトラブル対応などは、クラウドを通じて通信事業者やSIerに任せることで、効率よく運用できると考える企業や学校も多いようです。

クラウド型Wi-Fiのサービスを提供する企業も増えているので、各社のサービスの特長やメリットを調べて、自社の運用に合うサービスかどうか照らし合わせてみてください。

まとめ

現代人にはより身近に、当たり前になりつつあるクラウド。

セキュリティ面に不安があるといった声もまだまだ多く、便利さの陰に潜むリスクにも十分注意が必要ですが、今まさにWi-Fiを含め様々なサービスでの利用が増えています。

クラウドと名がつくサービスを目にした時には、
用法・容量を守って正しくお使いください(ピンポーン)

 

 

 

>>テクバンの無線LAN導入支援サービスはこちら

>>テクバンのクラウド型 Wi-Fi サービス “Techvan Cloud Wireless”はこちら