Wi-Fiが急につながらなくなるのなんで?


こんにちは。バンブロ!Wi-Fi編集部のトミーです。

Wi-Fiを利用していると、急にネットが繋がらなくなったり、
通信速度が遅くなったりすることありませんか?

「今いいところなのに~」とか「今急いでるのに~」とか、
こんな状況に一度はイラッとしたことがある人も多いはず。

今や繋がっているのが当たり前みたいな感覚になっているので、
繋がらないとすぐイライラしちゃうんですよね。

Wi-Fiが繋がらなくなるのには、機器の動作不良や故障など様々な原因が考えられますが

「急に通信速度が遅くなった」

「繋がったり、またすぐ繋がらなくなったりして不安定」

「特定の日時になると通信速度が遅くなる」

という場合は「電波干渉」が一番疑わしいです。

今日はそんな電波干渉の原因と対処法についてご説明いたします。

電波干渉とは

電波干渉とは、電波同士がぶつかりあって、通信が不安定になったり、通信速度が低下したりと互いの電波に影響を及ぼし合ってる現象のことです。

無線LANには2.4GHz帯と5GHz帯という2つの周波数帯が使用されています。
ちょっと前の無線LAN機器だと2.4GHz帯のみ、最近の機器では2.4GHz帯と5GHz帯の両方が使用できます。5GHz帯のみに対応した機器は現時点ではあまり無いようですね。

ほとんどの方が利用している周波数は2.4GHz帯かと思います。
2.4GHz帯は通信範囲が広く、壁など障害物の透過性も良いので、一般的に使用されていることが多いです。街中で飛び交ってる公衆無線LANも2.4GHz帯です。

しかし、電子レンジやコードレス電話、リモコン、ワイヤレスインターホン、ワイヤレスマウス/キーボード、Bluetoothなども同じ2.4GHz帯の周波数を使っているので、近くでこのような電化製品を使用していると、Wi-Fi電波に影響を与え、不安定になることがあります。

また、オフィス内に無線LANルーターが複数ある場合や、集合住宅で近隣の家でも無線LANルーターを使用している場合などは、電波同士がぶつかり合い、相互干渉を起こす可能性があります。

このように電波が飛び交う密集地帯だと、電波干渉が起こりやすくなる訳です。

 

対処法① 無線LANルーター(親機)の設置場所を変える

無線LANルーター(親機)を電子レンジやコードレス電話などから出来るだけ遠い位置に設置します。

集合住宅など外部からの電波を受けている可能性がある場合は、室内でできるだけ影響の少ない場所を探りながら移動させてみましょう。

 

対処法② ルーター/端末を再起動する

無線LANルーターを再起動することで、接続可能になる可能性があります。

また、PCやスマホなど端末側のネットワーク接続を一旦無効(オフ)にして電波を切断し、もう一度接続し直すことで通信が可能になることがあります。

 

対処法③ チャネルを変更する

無線LANにはチャネルが複数設定できるようになっており、2.4GHz帯には1~13ch(一部1~14ch)のチャネルがあります。1つのチャネルの帯域幅は22MHzまたは20MHz、チャネルの間隔は5MHzなので、隣接するチャネルを避ければ、電波干渉を受けずに利用することができます。

隣家が1chの無線チャネルを使っていれば、我が家は6chに設定するといった感じです。

◆PCで自身のチャネルを確認する場合

①Windowsキーを押しながら「R」を押して、「ファイル名を指定して実行」の名前に「cmd」を入力→OKをクリック。または、スタートメニュー>すべてのプログラム>アクセサリ>コマンドプロンプトをクリック

②netsh wlan show networks mode=bssid を入力、Enterキーを押下

③自身のSSIDのチャネルのところに書かれている数字が利用中の無線チャネルです。

チャネルの変更は、利用中の無線LANルーターの設定画面で変更できますのでご確認ください。

 

対処法④ 周波数帯域を変える

前述のとおり、無線LANには2.4GHz帯の他に5GHz帯の周波数もあります。

こちらは、家電などには使用されていない帯域なので、電波干渉が少なく、通信速度が高速で繋がりやすいと言われています。

2.4GHz帯で繋がりにくい場合は、5GHz帯に周波数を替えてみましょう。

ただ、5GHz帯の無線LANルーターを使用するのであれば、当然5GHz帯に対応している端末(PC、スマホ、ゲーム機器など)が必要になります。少し前の端末だと2.4GHz帯しか扱っていない場合もあるので、お使いのPC、スマホ、ゲーム機器の仕様を確認してみてください。

また、5GHz帯は通信距離が長いと電波が弱くなったり、壁や床、天井などの障害物に弱かったりとデメリットもあるので、必ずしも5GHz帯の方がおすすめという訳ではありません。

壁がないワンルームでの一人暮らしなどでは5GHz帯が最も使いやすく、いくつもの部屋がある家や広いオフィスなどでの利用は2.4GHz帯が最適かもしれませんね。

Wi-Fiを使用する環境に合わせて、繋がりやすい帯域を使い分けてみてください。

 

まとめ

最近ではモバイルWi-Fiルーターを持ち歩いている人も多いので、建物だけではなく人(の持ち物)から電波が発信されている場合もありますね。

街中でも家中でも電波が飛び交っているので、なかなか安定してスムーズに繋がる環境を整えるのは難しいかもしれませんが、いくつかある対処法を試して、一番繋がりやすい環境を探してみてください。

また、無線LANルーターはメーカーによって電波干渉の対策が施されているものもありますので、メーカーや代理店に相談してみるのもおすすめです。

 

 

>>テクバンの無線LAN導入支援サービスはこちら

>>テクバンのクラウド型 Wi-Fi サービス “Techvan Cloud Wireless”はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です