JR東海 フリーWi-Fiサービスの拡大を発表


こんにちは。情報部のエリーです。
今回は番外編です。

東海道新幹線
事前契約なしで使用できるフリーWi-Fiを設置

1月25日(木)に発表された東海旅客鉄道株式会社(以下、JR東海)webサイトの
ニュースリリースによると東海道新幹線と特急「ひだ」にフリーWi-Fiサービスの導入が決定したそうです。

同時に、東海道新幹線全駅と一部の在来線駅にフリーWi-Fiの設置と拡大を行うことも発表になりました。

JR東海ではスマホで新幹線のネット予約やIC乗車が可能になる「スマートIE」サービスを取り入れるなど顧客満足度をアップするシステム導入が日々進んでいます。

現在、東海道新幹線N700系や700Aタイプでは事前契約をしていれば
車内でWi-Fiの利用が可能になっています。

今回は事前契約不要で無料利用できるWi-Fiサービスを
2018年の夏から順次導入していき、東京オリンピック開催前の2019年の冬には
全車両にWi-Fi設置を完了させる計画とのことです。

また、同様に名古屋駅と高山駅を運転する特別急行列車「ひだ」の全車両にも
2018年度末までに、フリーWi-Fi設置を完了させるそうです。

2020年の東京オリンピックの開催に向けて各処、集客の準備を進めていますね。

長い時間、乗車していることが多い新幹線の中で
自由にフリーWi-Fiが使えれば旅行先の情報を取得したり、
映画を見て過ごすことができるので大変うれしいサービスですね!

 

 

>>テクバンの無線LAN導入支援サービスはこちら

>>テクバンのクラウド型 Wi-Fi サービス “Techvan Cloud Wireless”はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です