今更聞けない無線LANの仕組み


こんにちは。バンブロ!Wi-Fi編集部のトミーです。

現代日本で、私たちが日々当たり前のように利用している無線LANサービス。

総務省では2020年の東京オリンピックに向けて、「公衆無線LAN環境整備支援事業」などを提示し、国全体で無線LAN整備を強化しようという取り組みが行われています。

災害対策や教育、観光の目的が大きいみたいですが、「この機会に無線LANを設置してみよう」もしくは「有線LANから無線LANに切り替えよう」という企業やお店も多いのではないでしょうか?

今回は、無線LANの導入を検討している方に、無線LANとはそもそも何なのか、有線LANとどう違うのか、初心者にも分かりやすくご説明いたします。

無線LANとは

無線LANは、有線ケーブルなどで繋がなくてもその名の通り、無線でインターネットに接続できるシステムのことを言います。

そもそもLANとは、Local Area Network(ローカル・エリア・ネットワーク)の略であり、PCや携帯でインターネット通信を行う際の通信回線のことで、有線LANと無線LANがあります。

有線LANは、有線LANルーター(親機)とPCや周辺機器(子機)を、LANケーブルで繋いでインターネットに接続しますが、無線LANは、LANケーブルで繋がなくても、無線LANルーター(親機)から発信する電波をPCや周辺機器(子機)が受信することでインターネットに接続することができます。

無線LANの有効活用


スタバなどのカフェでコーヒーを飲みながらPCでお仕事されている方は、みんな無線ですよね。あれはお店の無線LANルーター(親機)から発信する電波を来店客のために無料で解放していて、お店の中なら、お客様のPCやスマホ(子機)に自由に繋いでくれて構いませんよという公衆無線LANのサービスを利用しているからです。

有線だったら、誰かが繋いだLANケーブルに脚をひっかけて持っていたコーヒーを近くに座っていた女性のスカート(推定3万円)にぶちまけてしまい、あわや大惨事ということになりかねません。
こういった場所では、やはり無線LANの方が良いですね。

お店側も電波を一方的に無料配信しているだけではありません。
お客様にインターネットにつないでもらうことで、スマホからお店のホームページにアクセスしてクーポン券をダウンロードしてもらったり、メルマガに登録してもらったり、次回の来店に繋げる販売促進としても活用しているのです。

現在では、ほとんどのコンビニや飲食店、美容院、ホテルなど様々な場所で、公衆無線LANのサービスが提供されています。

ちなみに、オフィスではなくこういうカフェなどでお仕事するワークスタイルをノマド(=遊牧民)、そのワークスタイルで働く人をノマドワーカーっていうらしいです。自由だな~。

無線LANのデメリット

こうして書くと、有線より無線の方が見た目もスッキリだし、絶対おすすめ!みたいな感じですが、無線ならではのデメリットもあります。

①つながりにくい
有線に比べて電波状況が安定せず、大人数が一斉に利用したり、無線LANルーターから遠いと「通信速度が遅い」「つながりにくい」なんてことがよくあります。

②セキュリティが弱い
誰でもネットワークに接続できることから、悪意のある第三者に電波を勝手に受信され、そのままネットワーク内に侵入されてしまうという可能性もあります。

どっちもインターネットに接続する上でものすごく大事なことなのに、両方イマイチなんて残念極まりないです。

しかし、最近では多くのメーカーの技術革新によってつながりやすく、セキュリティ対策を施した無線LANも多く提供されはじめ、こうしたデメリットも改善されつつあります。

また、利用人数や目的によってルーターの設置方法が違ったり、各家庭や企業、店舗、宿泊施設、公共施設など、各々の場所に適したルーターなんかもありますので、メーカーやサービス提供会社に相談した上で、あなたの環境に一番適した無線LANサービスを選んでくださいね

まとめ

無線LANは、有線LANに比べて外出先でも接続できますし、繋がりやすさやセキュリティ面も同等の評価を得られるようになってきました。

冒頭に述べたように、東京オリンピックに向けて設置する企業や団体も今後増えていくでしょうし、サービスとしてますます進化していきそうですね。

ちなみに、無線LANより「Wi-Fi」という言葉の方が、聞き馴染みがあるかもしれませんが、
混乱しそうになるので(自分が)、今回は無線LANで統一しました。

「無線LAN」と「Wi-Fi」の違いについては、また次回ということで。

 

>>テクバンの無線LAN導入支援サービスはこちら

>>テクバンのクラウド型 Wi-Fi サービス “Techvan Cloud Wireless”はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です