申込フォームの作り方 2/2

3.リマインドメールの作成

 SMPでは、セミナー開催の1週間前に参加者へリマインドメールを送ることや、お申込みから○日後にメールを送るなどのメールの予約配信/自動送信機能が用意されています。今回はセミナーの1週間前に参加者に送る、リマインドメールを作成します。

チャレンジ
  • 個別キャンペーンモード≫メール
  1. サイドメニューの「テンプレート一覧」をクリックします
  2. 「新規登録」をクリックします
  3. 以下の通りに設定します
    • テキスト形式/HTML形式:テキスト形式
    • 送信者E-mailアドレス:自分のアドレス
    • 送信者名:○○株式会社
    • タイトル:【お知らせ】[% Seminar.title %]開催まであと1日
    • 本文:”[% VisitorData.name1 %]様[% FOREACH application_list %][% SeminarSession.title %]が開催されるまであと3日となりました。[% SeminarSession.start_day_display %][% END %]ご質問、ご意見、フィードバックは以下の宛先までお送り下さい。「自分のアドレス」参加のキャンセルはこちらから[% Domain.url %]/public/mypage/top/plain”
  4. 「登録」をクリックします
  5. リードタブをクリックしてリード一覧画面に遷移します
  6. 申込/キャンセルの申込にチェックがついているのを確認して、「検索条件を保存」をクリックします
    • 検索条件名:申込者一覧
  7. メールタブをクリックしてメール設定一覧画面に遷移します
  8. サイドメニューの「送信ウィザード」をクリックします
  9. 下記の通り設定します
    • 送信対象者の検索条件:申込者一覧
    • DM許可:リマインドメールのため両方にチェックをつけます
    • E-mailクリックカウント:使用しない
    • 送信者指定方法:検索条件指定
    • メールテンプレート:【お知らせ】[% Seminar.title %]開催まであと1日
  10. 「次へ」をクリックします
  11. 予約配信セクションの送信予定日を開催の1日前に設定して「メールの送信を予約する」をクリックします

4.フォローアップメールの作成

 セミナー終了後に参加者への資料配布や御礼用としてフォローアップメールを送ります。SMPではセミナー終了から○日後などの指定で自動化することが可能です。また特定のURLをクリックした人宛、など様々な条件付けを行うことができます。今回はセミナー終了から翌日に参加者へ送る、参加の御礼メールを作成します。

チャレンジ
  • 個別キャンペーンモード≫メール
  1. 「3.リマインドメール」で作成したメール:「 【お知らせ】[% Seminar.title %]開催まであと1日 」をコピーします
  2. 「編集」をクリックします
  3. 以下のように編集します
    • タイトル:【御礼】[% Seminar.title %]にご参加いただきありがとうございました。
    • 本文:”[% VisitorData.name1 %]様お世話になります。[% FOREACH application_list %][% SeminarSession.sponsor %] セミナー事務局の[% SeminarSession.reference_person_in_charge %]と申します。昨日は、[% SeminarSession.co_sponsor %]共催の[% SeminarSession.title %]にご参加いただきありがとうございました。当日の資料は下記からダウンロードすることができます。■[% SeminarSession.sponsor %]講演資料https://www.~~/(例としてHPのURLを入れます)この度は誠にありがとうございました。[% END %]”
  4. 「登録」をクリックします
  5. サイドメニューの「送信ウィザード」をクリックします
  6. 送信ウィザードの登録情報は以下の通りに設定します
    • 送信対象者の検索条件:申込者一覧
    • DM許可:希望する/希望しない、両方にチェックを入れます
    • 送信者指定方法:検索条件指定
    • メールテンプレート:【御礼】[% Seminar.title %]にご参加いただきありがとうございました。
  7. 「次へ」をクリックします
  8. すべてのURLを選択にチェックをいれます(本文内に資料ダウンロード用のURLがある場合、チェックをつけることでクリックの有無を確認することができます)
  9. 送信予約日をセミナー終了日の翌日15:00に設定して「メールの送信を予約する」をクリックします

5.キャンペーンの公開

 フォーム、メールなど様々なものを作成しました。しかしセクションタイトルの通り、キャンペーンを公開しないとセミナーのお申込みをすることができません。逆に言うと今の状態はクローズな環境となってるため、漏れがないか確認をするステージとなります。

実際に設定に誤りがないか確認してみましょう

チャレンジ
  • 個別キャンペーンモード≫キャンペーン
  1. 「来場側詳細WEBページ(代理登録利用可)」をクリックします
  2. チェック項目
    • 「1.フォームの作成」で設定したキャンペーン情報が表示されているでしょうか
    • 「お申込みはこちら」ボタンが複数表示されていないでしょうか
  3. 「お申込みはこちら」をクリックします
  4. チェック項目
    • アンケート項目は表示されているでしょうか
  5. 実際に自分のデータを入力して「次へ」をクリックします
  6. 「登録する」をクリックします
  7. 左上の「管理者ページに戻る」をクリックします
  • 個別キャンペーンモード≫メール
  1. 「テンプレート一覧」をクリックします
  2. 作成したメールの「テスト送信」をクリックします
  3. メール送信アドレスに自分のアドレスを入力します
  4. 「テスト送信を実行する」をクリックします
  5. チェック項目
    • アンケート項目は表示されているでしょうか

 設定に漏れや誤りがなければキャンペーンを公開してセミナーの準備です。公開状態でもIDとパスワードを知らなければフォームを表示させない「BASIC認証」という設定もできますが今回は省いて進めていきます。

  • 個別キャンペーンモード≫キャンペーン
  1. 「編集」をクリックします
  2. 状態項目の公開にチェックをつけます
  3. 「登録」をクリックします
  4. 来場側詳細WEBページ(代理登録利用可)をクリックします
  5. URLをコピーして左上の「管理者ページに戻る」をクリックします
  6. サイドメニューから「システムログアウト」をクリックします
  7. コピーしたURLを開きます
  8. 開くことができたら成功です。

 顧客へのサンクスメールや受講票の発行など、セミナー運営に関わることが様々用意されているSMPをぜひ活用していきましょう!

SHANON MARKETING PLATFORM導入支援サービス