【Automation Anywhere】Web Recorderで何ができるか(続編)

今回は以前ご紹介できなかったWeb Recorderの中のコマンドについて、説明していきます。
また、以前作成したシナリオの解説も行います。
以前のブログはこちらからご確認ください。

前回の解説

先に、前回のシナリオの解説を以下の動画にて行います。

前編

後編

前回の未使用コマンド

未使用コマンドは以下の7つです。

Download File(ファイルのダウンロード)
⑥ Find Broken Links(破損したリンクを探す)
Extract Data(データを抽出)
Navigate (指定されたURLに移動)
Extract Source(ソースを抽出)
Search By Caption(キャプションを使用して検索
⑫ Execute JavaScript Function(JavaScript関数を実行)

今回は

Download File(ファイルのダウンロード)
⑥ Find Broken Links(破損したリンクを探す)
Extract Data(データを抽出)
Navigate (指定されたURLに移動)

の4つを解説していきます。

解説編

Download File(ファイルのダウンロード)

Webにあるファイルをダウンロードします。
ファイルダウンロード時にパスワードが必要な場合は使用できません。

⑥ Find Broken Links(破損したリンクを探す)

サイトにあるリンクが壊れていないかを確認します。
確認結果はCSVファイルとして出力されます。
結果にはSuccessful/Error Code : ~/Not Supported等が表示されます。

Extract Data(データを抽出)

特定のWebページの特定のデータを抽出し、変数に格納します。

Navigate (指定されたURLに移動)

別のページを開く際に使用します。

以上、4つのコマンドを紹介しました。
残る3つのコマンド

Extract Source(ソースを抽出)
Search By Caption(キャプションを使用して検索
⑫ Execute JavaScript Function(JavaScript関数を実行)

は、またの機会に…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です