テスターに向いている人

最近MacBookを買って調子に乗っている、2年目のQS2市川です。

3月から21卒の就活が始まりましたね。

どういう仕事を選べばいいか分からない方も多いかと思います。

そこで今回は、テスターという仕事をご紹介したいと思います。

この記事を読むと

・テスターの仕事内容

・あなたはテスターに向いているかどうか

が分かります。

①テスターの仕事内容

テスターの仕事内容は以下の2つです。

1.システムやプログラムが設計通りか確認する
2.設計通りでない部分を作った人やリーダーに報告する

テスターにとっては1.が基本になります。

システムやプログラムにおかしいところがないかを

テストケースという手順書のような物に沿って見ていきます。

2.は1.をやっている段階で見つけた設計通りでない部分(これをバグと言います。)

を作った人やリーダーに報告します。

②テスターに向いているか

以下のような人は向いていると思います。

・与えられた仕事を淡々とこなしたい人

  テストの手順は予め決められています。

  その手順に忠実にテスト実施できる人には向いていると思います。

・常識に囚われず柔軟な考え方ができる人、好奇心旺盛な人

  バグを見つけるにはテストケース通りやっていても

  見つからないことが多いです。

  時には柔軟に考えられる人が向いていると思います。

③2年間テスターをやってきた私の感想

上記のことを読んでも

「自分に向いているかどうかなんて分からないし・・・」

という人もいると思います。

でも、大丈夫です。

自分に向いているかどうかは

やり続けてみないと分かりません。

私はテストの経験も全く無く

常識に囚われがちで

柔軟な考え方ができないので

テスターには向いていないと思っていました。

でも2年間続けていくうちに

少しずつですがバグを見つけるための

柔軟な考え方ができるようになりました。

今ではお客様から任せられたテストを

一人でできるくらいには成長できました。

テスターをはじめとした様々な仕事がウチの部署にはあります。

一緒に働いてみませんか?

ご興味ある方は以下のリンクからどうぞ!
・品質サービスのURL
https://www.techvan.co.jp/solution/software_quality/

免責事項

情報の掲載には注意を払っておりますが、掲載された情報の内容の正確性については一切保証しません。また、当サイトに掲載された情報を利用・使用(閲覧、投稿、外部での再利用など全てを含む)するなどの行為に関連して生じたあらゆる損害等につきましても、理由の如何に関わらず自己責任で行う必要があります。