1つのアプリで3種類のアンケートをしよう!

1つのアプリで3種類以上のアンケート調査を行うことができることを知っていますか?

複数のアンケートを実施したいが、結果は一つのアプリで管理したい。こんなことありますよね 。(グラフを使用して結果を見比べたいときなど)

そんな時は、カスタマイズを行うことで必要なフィールドのみ表示を行うことができます!

ラジオボタンを使って、3種類のパターンを作成していきましょう!

カスタマイズを行うアプリの紹介

今回は、アプリ「コース選択」にカスタマイズを追加していきます。

このアプリは、とあるスポーツセンターのコース申込時に使用するアプリです。

上記では「Aコース」がコース選択にて選択されています。

この時、A-1~A-2とその他要望のみ回答してもらいたい(赤□部分)のですが、回答が不要の項目も表示されています。(青□部分)

どのコースの時にどの回答項目を答えるのかが分かりにくいので、該当のコースのみの表示に変更していきます!

作成しよう!

では、表示切替カスタマイズを作成していきましょう!

以下のカスタマイズをJavascriptで実装します。

  1. ラジオボタンの選択内容を取得する。
  2. ラジオボタンの選択項目ごとに条件分岐(3~5)の条件分岐を行う。
  3. 「Aコース」を選択した場合A-1~A-2の項目とその他要望のみ表示。それ以外の項目を非表示。
  4. 「Bコース」を選択した場合 B-1~B-2の項目と その他要望のみ表示。それ以外の項目を非表示。
  5. 「Cコース」を選択した場合 C-1~C-2の項目と その他要望のみ表示。 それ以外の項目を非表示。

参考サイトはこちらです。

動作確認!

実際に、ラジオボタンにてフィールドが切り替えられるかを確認していきましょう!

コース選択から「Aコース」「Bコース」「Cコース」をそれぞれ選択します。

見事、それぞれのコースごとに表示を切り替えることが確認できました!

まとめ

ラジオボタンを選択するだけで、1つのアプリで3種類のアンケートを行うことができました!

このカスタマイズを行うことで必要なフィールドのみを表示する為、答える項目を誤る等がなくなるかと思います!

また他にも、ドロップダウンフィールドやチェックボックスフィールド等を使って必要なフィールドを表示することも可能です。

今回の記事の内容をもっと知りたい方、また記事に関する質問や疑問、他にも「kintoneでこんなことできる?」「こんな機能使いたい!」等ございましたらお気軽にご相談ください。

お問い合わせはコチラ!