kintoneの設定情報をVBAで出力!_1

kintoneで作成したアプリの設定をExcelに出力したい・・・

kintoneアプリの設計書を自動で作成したい・・・と思ったことはありませんか?

というわけで、かりんこラボ様の記事を参考に ボタン一つで簡単にkintoneの設定情報を取得するツールをVBAで作成したので紹介します!

kintone設定情報取得ツール概要

今回作成したツールでは以下の設定情報を取得することができます。

  1. フィールド情報
  2. 一般設定の「アイコンと説明、デザインテーマ、プロセス管理」
  3. カスタマイズ/サービス連携の「JavaScript/CSSでカスタマイズ」
  4. アクセス権の「アプリ・レコード・フィールド」

これらの設定がボタン一つで簡単に取得ができます!

今回の記事では、1. フィールド情報を紹介していきます。

kintone設定情報取得ツールの使い方

では、さっそくkintoneの設定情報取得ツールを使っていきます。

Step1 kintoneアプリの準備

設定情報を取得したいアプリを準備します。

今回は、以下の日報アプリの設定を出力します。

上記アプリの設定は、以下の通りです。

  • 時刻の設定
  • ドロップダウンの設定
  • 文字列(複数行)の設定
  • 添付ファイルの設定
  • テーブルの設定
  • 計算の設定

Step2 kintone設定情報取得ツールの設定

① kintoen接続情報入力

kintone接続情報にkintoneサブドメイン・取得対象アプリのIDを入力します。

kintone接続アカウント情報にkintoneログイン時のID、パスワードを順に入力します。

Step3 動作確認

入力完了後、フィールド情報取得ボタンをクリックします。

すると…

設計情報が取得できました!

出力した各項目の設定項目の詳細は以下の通りです。

時刻の設定

ドロップダウンの設定

文字列(複数行)の設定

添付ファイルの設定

テーブルの設定

計算の設定

まとめ

いかかでしたか?

今回は、kintoneアプリの設定情報の取得を行いましたがこちらのツールでは他にも

  • 一般設定の「アイコンと説明、デザインテーマ、プロセス管理」
  • カスタマイズ/サービス連携の「JavaScript/CSSでカスタマイズ」
  • アクセス権の「アプリ・レコード・フィールド」

を出力することができます。

上記内容も随時紹介予定です。次回以降の更新をお待ちください。

今回の記事に関する質問や疑問、

他にも「kintoneでこんなことできる?」「こんな機能使いたい!」等ございましたらお気軽にご相談ください。

kintoneの設定情報をVBAで出力!_1” に対して1件のコメントがあります。

この投稿はコメントできません。