【news】NECがEloquaを導入!スコアリング機能の効果


こんにちは。

昨年7月11日、日本オラクルはNECがグローバルでマーケティング・プラットフォームを一元化するため、Eloquaを導入したと発表しました。
NEC、「Oracle Eloqua」でマーケティング・プラットフォームを統合
(出典:マイナビニュース

記事には、
・NECではこれまで国内市場向け、海外市場向けで異なるマーケティング・オートメーションのクラウド・サービスを利用していた
・そのため指標やプロセスの可視化、顧客データの管理などに課題があった
・Eloquaを導入することで、顧客の属性やエンゲージメント(顧客行動)をスコアリング機能で分析し、確度の高い顧客にメールを配信することで、メールのクリック率が約7倍向上した
という経緯が記載されています。

Eloquaを利用すると、マーケティング・オートメーションのプロセスがキャンペーンで簡単に作成・管理出来、またそれによって得られた顧客データをEloqua内で一元管理することが可能です。またエンゲージメントに基づいてデータをレポートという形式で出力する機能もあります。
またスコアリング機能で顧客データをもとに確度を分析することが出来るため、顧客毎に的確なマーケティング戦略を取ることが可能となります。確度の高い顧客にメールを配信すれば、この事例のようにより多くの方に関心を持ってクリックしてもらうことが出来るのです。

皆様も是非、Eloquaでマーケティング・オートメーションを推進してみてはいかがでしょうか。