Node.jsでCloudant replicate をしてみた

 目次

1. CloudantDBへの接続

まずはじめに、レプリケーションをする前に、
レプリケーションをするCloudantDBへのアクセスが出来るようにしましょう。
Node.jsでCloudant IAM 接続してみたで接続方法を紹介していますので是非ご確認下さい。

2. CloudantDBのレプリケーション

今回は、同じリソース上のDBの中でレプリケーションを行っていきたいと思います。
では早速、レプリケーションをしていきます。

2-1. レプリケーションのoptionsを設定

レプリケーションをするために、必要な情報(options)を設定します。
よく使う3つを押さえておけばレプリケーションで問題なく実装できます♪

create_target 指定したDB名のDBがなければ新しくDBを作成してレプリケーションを行います
continuous 継続的なレプリケーションを行います
cancel continuousを終了させます

使いたいoptionsがあれば下のように書きます。
今回は、継続的なレプリケーションを作成していきます。

options

2-2. レプリケーションをする

レプリケーションをするために以下のコードを書きます。

repricate

“sourceDb”は、レプリケーションするDB名、 “targetDb”は、レプリケーション先DB名をそれぞれお書きください。

以上で、Node.jsでCloudantのレプリケーションができるようになります。
みなさんもぜひチャレンジしてみてください。

テクバンでは、お客様の業務にある困りごとをAIやRPAをはじめ様々なテクノロジーで解決するためのご相談をお受けしております。新サービス「IBM Watson導入支援サービス」もあわせてご覧下さい。AIでナレッジの価値を上げ、業務の効率化を進めるための様々なサービスを提供してまいります。


<免責事項>
情報の掲載には注意を払っておりますが、掲載された情報の内容の正確性については一切保証しません。また、当サイトに掲載された情報を利用・使用(閲覧、投稿、外部での再利用など全てを含む)するなどの行為に関連して生じたあらゆる損害等につきましても、理由の如何に関わらず自己責任で行う必要があります。