ワークフローシステム【AgileWorks】を知りたい!

AgileWorksってなんですか?

皆さま初めまして!AgileWorksブログ担当です。
今回は初回ということでこのブログの特集プロダクト
【AgileWorks】をご紹介したいと思います!

AgileWorksがどのようなアプリケーションソフトかご存知ですか?
AgieWorksは書類の電子化に特化した
ワークフローシステムアプリケーションです。
簡単にいうと、書類や業務フローを電子化して
よりスピーディーで効率的になることを目的としたソフトウェアです。

そもそもワークフローシステムアプリケーションってなんですか?

ワークフローや業務フロー(以下、ワークフロー)、ときいて「コレです!」
とすぐに答えられる人はなかなかいなのではないでしょうか?

IT用語辞典 e-Words によると「ある業務や活動を構成する、一連の作業や手続き、工程などの流れ」ということです。

簡単に図にすると、こんな感じです。

…何だこれって思う方もいるかもしれませんが、これがワークフロー図と呼ばれるものの最も単純なものになります。ちょっとおきかえてみると、みなさんにもおなじみのものが見えてくるはず。

どうです、少しだけ現実に近づいてきたでしょ?

ワークフローシステムアプリケーションとは、このようにワークフローを電子上で可視化し、さらにはそのフローが守られるような自動化を支援してくれるソフトの総称になります。

AgieWorksって何ができるんですか?

AgileWorksはワークフローシステムアプリケーション、つまりワークフローを可視化、自動化できるアプリケーション、ということですね!
でも具体的にどのようなソリューションが提供できるのか?
実はAgileWorksが提供するソリューションは大変多く存在します…!

  • 業務効率化
  • 生産性向上
  • 運用コスト削減
  • 働き方改革への対応
  • 内部統制、内部監査への対応
  • 書類の電子化、エコロジー配慮
  • 文書管理
  • システム移行への対応

などなど…

このように書ききれないくらいのソリューションが提供できます。
このブログで追ってどんなソリューションなのか説明していくのでぜひ確認してみてくださいね♪

AgileWorksのどこがおすすめなんですか?

さて、AgileWorksがどのようなアプリケーションか何となくお判りいただけたかと思います!ここでAgileWorksのおすすめポイントを簿紹介します!

1.誰でも使いやすい!GUI採用!

コーディング歴の短い私が証明します、AgileWorksではコードを書くことがほとんどない(むしろ全然ない)ので誰でも操作ができます!ITにかかわったことがない人でも安心です!

2.書式変更いりません!簡単にきれいな書類画面!

書類の電子化に伴う書式変更って意外に大変じゃないですか?紙だったころの書面のままがいいのに、と思う方もいるかもしれません。かくいう私も電子書籍より文庫本派です!AgileWorksで作る電子書類は紙の書類にとても近いインターフェースです!なので移行もスムーズに行えちゃいます!書類つくりもパワポを作るときのようでとても簡単です!

3.書類回付も簡単!自動化プロセス

AgileWorksのもう一つの特徴は書類の回付も自動化できること。書類の確認者や承認者の方のデスクに直接届けたりしなくても大丈夫です。コメント機能を活用することで書類の注釈や、修正点などを指摘することも可能です!

AgileWorksにはほかにもたくさんの機能があります!ほかの機能とそれらの使い方もこのブログで随時更新していきますので、良ければ読んでいただけると嬉しいです!

それでは、これからもよろしくお願いします!

弊社ではAgileWorksの導入をサポートさせていただいています。興味を持たれた方、導入を検討されている方、どうぞご気軽にご相談ください。

社内業務の課題を解決!
書類電子化で生産性向上を実現するワークフローシステムです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です